読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融資産で不労所得☆takaropの資産運用ブログ

会社勤めでサラリーを得ながら、資産運用を学び・実践する資産形成ブログです。不労所得を15年後に毎月250万円にします。

ITINを取得しました。

こんばんは。
納税申告用としてアメリカのITIN(個人用納税者番号)を取得しました。
ITIN: Individual Taxpayer Identification Number

効力があるものではないですが、大事な番号です。

アメリカ不動産の取得から確定申告までのひととおりのプロセスが終了。
次の展開に向けての仕組みがまだなので、そろそろ手をつけないとと思っています。

ソーシャル・セキュリティー・ナンバーを取得する資格のない方には、納税申告用として米国の税務当局である内国歳入庁IRSにより個人用納税者番号(ITIN)が発行されます。この納税者番号は連邦所得税の納税目的にのみ使われます。身分を証明するものでも米国内における滞在資格や就労の資格を与えるものでもありません。

■個人用納税者番号(ITIN)
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/acs/tacsj-itin.html
※米国大使館のHPにとびます。