金融資産で不労所得☆takaropの資産運用ブログ

会社勤めでサラリーを得ながら、資産運用を学び・実践する資産形成ブログです。不労所得を15年後に毎月250万円にします。

日本版ISA(少額投資非課税制度)


日本版ISA(アイサ?、アイ・エス・エー?)が
2014年1月から始まるようです。

英国のISAを参考にした制度で、
ISAはIndividual Savings Account
(個人貯蓄口座)の略ですね。

現在の軽減税率が2013年12月まで、
それ以降は日本版ISA。

同じ投資をするのであれば、
税率が低いほうがいいと思うので、
日本版ISAをどう使うかを
今後考えていく必要がありますね。

日本版ISAは年間拠出額が100万円なので、
運用資産の一部を日本版ISAに移管して使う方法が
今のところ有力だと考えています。

英国のといくつかの点で違っていますが、
英国ISAの制度は、
●ISA Cash ISAs(株式型)
●ISA Stocks and shares ISAs(預金型)
の2つに分かれています。

日本のISAは、
投資対象が、上場株式、公募株式投資信託なので、
投資信託含めて株式が投資対象のもの。

日本版ISAの
●非課税期間が5年間(10年間実施)
●収益分配金等の再投資を年間拠出額に算入
というあたりが改善して欲しいところです。

少額なので、暫定的な制度でなくてよいと思いますが。

フィデリティ(Fidelity)のサイトの情報が充実してます。
http://www.fidelity.co.jp/jisa/index.html