金融資産で不労所得☆takaropの資産運用ブログ

会社勤めでサラリーを得ながら、資産運用を学び・実践する資産形成ブログです。不労所得を15年後に毎月250万円にします。

内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法

"内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法"を読みました。

投資信託からETF、外貨MMFREIT、FX、日本株式、外国株式、IPO、日本債券、外国債券、その他の金融商品と幅広く書かれています。
どちらかというとリスク面の説明が多く、利回り5%というのは難しく思えるくらいの内容です。

勉強になったのは、以下の記述↓
>引用
外貨MMFは実績分配ですから、金利低下局面だと分配率も低下します。これに対し外債のような固定金利のものは満期まで金利が保証されています。
〜中略〜
このことから金利低下局面では外貨MMFより長期の外債を購入したほうが有利となります。
>引用終わり

債券とETFIPO株を除いて上記ひととおり試しては見ましたが、長期の投資で負けないためには忍耐が必要です。