金融資産で不労所得☆takaropの資産運用ブログ

会社勤めでサラリーを得ながら、資産運用を学び・実践する資産形成ブログです。不労所得を15年後に毎月250万円にします。

外貨建MMF積立サービス

カブドットコム証券が外貨建MMF積立サービスを開始しました。
自動引落も可能です。


運用の方法として、日本の証券会社で円で買える商品については、積立で購入しています。


基本的にはカブドットコム証券を使って積立で購入。

1株単位や積立で買えないものについては三菱UFJモルガン・スタンレー証券で積立をしています。


手数料はやや高くなりますが、売買を頻繁にしないですし、高値づかみよりはいいかなと思っています。

外貨建MMF、今までマネックス証券や他の証券会社でも可能でしたが、銀行から手軽に引き落としの手続きができるという性質のものではなかったので、銀行から引落しの手続きが簡単なカブドットコム証券のサービスは便利だと思います。


長期投資する場合、FXか外貨建MMFのどちらがよいかといった話になりますが、手数料面と売買のタイミングやレバレッジのコントロール可能という点では、FXでしょう。


たとえば、豪ドルMMFの場合、スプレッドが±60銭で利回りは4.207%ですが、管理手数料が0.91%(上限)かかります。


ぼくは今のところFXを使って外貨投資していますが、ほったらかしで積立を継続して複利効果を狙うという投資が理想なので、外貨建MMFを積立という選択肢もあるんでしょう。


利回りはあまり高くないですが、為替差益が非課税なのはメリットです。